レイクでの借り入れが急に使えない場合、何がいけないのでしょうか

レイクでの借り入れが急に使えない場合、何がいけないのでしょうか

私はレイクでカードローンを使用しているのですが、急に利用できなくなりました。特に滞納などしているわけではないですし、限度額を超えているわけではないのですが、そのようなケースはあるのでしょうか。

あります。原因としてはいくつか考えられます

急にカードローンが使えなくなったという事例はございます。まず最初にご認識いただきたいのですが、カードローンのカードはあなたの銀行預金のカードではないということです。極端な言い方をすれば金融機関の都合であなたにお金を貸さないということもあり得るわけです。よくあるケースですと、債務整理ですね。今は消費者金融機関で利用した状況やクレジット会社での利用状況もすべて信用情報センターが統一されていますので、債務整理の際には会社がその情報をもとに利用させるかさせないかの判断を下します。他の可能性となると利用可能額を確認しましょう。0円となっていれば当然借り入れできません。「え!?でも限度額まで借り入れしてないよ」というケースがあれば、それは何らかの判断で追加の貸し付けをしたくないと判断されている可能性があります。審査時の状況と現在の状況では、あなたも金融会社も当然状況が変わっています。例えば金融会社の経営状態が良くない時期には貸し付ける相手の条件が厳しくなったり、額が下がったりということはあるんですね。消費者金融の会社では相談に乗ってくれるところが多いので、一度確認、相談をしてみることをおすすめします。

レイクのキャッシングが急に使えない理由について

レイクといった大手消費者金融でお金を借りている場合、キャッシングが急に使えないことが起こりえることはご存知でしょうか。未払いも滞納もしていないのに、こうした現象は現実に起こっているようです。使えなくなった理由を考えてみると、実は幾つか考えられるのです。

まず、勤続先の会社の評価が変わったため、今まで利用できていたキャッシング枠が利用できなくなったことです。カード会社が行っているキャッシング審査はカードを発行するときだけでなく、定期的な審査を水面下でおこなっていることがあるため、この審査の結果次第によって、今まで普通に使用できていたキャッシングが利用できないことがあるのです。また、これに加えて給料明細といった所得を証明する書類の請求がきているにもかかわらず、期限までに提出しない場合にも、停止されてしまうこともあります。

特に、カード会社によっては郵送ではなくメールのみのお知らせをしてくるところもあるため、うっかり見逃している可能性があります。そのため、一度カード会社で連絡して事の詳細を聞いてみることも大事になります。そして、最後の理由としてキャッシング利用が利用者の年収の三分の一を超えてしまった場合です。実は、この最後の理由が意外と利用者にとっては落とし穴なんです。というのも、この条文を定めた法律はここ数年で新たに加わった条文であるため、知らない人が意外と多いのです。しかもこの年収の三分の一という条件は、利用者が利用しているクレジットカードやローンカードのキャッシングの合計額について額となるため、レイクではまだ数万円しかキャッシングしていないのに、急に使えなくなったとしたら、それは他のローンカードとの合計額が年収の三分の一に達してしまった可能性があるのです。

そのため、一度ご自身の借金の合計額を整理して、見直してみることをおすすめします。これが原因で、レイクのキャッシング枠が使えなくなったかもしれませんので。