過去に税金を滞納していた場合、借入はできないのしょうか

過去に税金を滞納していた場合、借入はできないのしょうか

私は過去に税金滞納してしまった時期があるのですが、銀行からの借入は断られてしまうのでしょうか。

かなり厳しいですが、解決策はあります

基本的に税金を滞納している状態では銀行から融資は受けられないと考えたほうがいいでしょう。また滞納状況は隠すことはできません。銀行はあなたに融資を行うか審査を行う際に納税証明書の提出を求めてくるので、それを提出するので状況が明確に出ます。そして税金を滞納しているとなると銀行からの融資はかなり厳しいとお考えください。税金は義務的な要素が強いのでそれを滞納するのは信用できない人、企業だと考えざるを得ません。しかし解決する方法はあります。まず税金の滞納を解消しましょう。ここはお金を借りて税金に充ててください。親戚や身内にお願いするのか、ノンバンクで融資を受けるかなどの方法でお金を用意し税金を支払ってください。その後すぐに納税証明書を発行してもらいましょう。それを銀行に持っていくことで納税証明を行い審査を受けてください。結論からいうと滞納はありえないのでまずは完済してください。ノンバンクであれば税金の滞納をしていても融資を受けられる会社が多いので融資を受けれるように審査をクリアしてくださいね。ノンバンクの利用は審査がありますが、銀行などと比べると甘い項目もありますし、税金滞納は融資しないと明記している会社は少ないです。そしてできるだけ早く、親戚に借りたお金やノンバンクから受けた融資のお金は返済するようにしましょう。税金滞納が解消されても借金がなくなったわけではありませんので。

税金滞納が続いている債務者の借入れは可能か

借金をすることというのは、子供の頃からできるだけ避けるようにすることが好ましいと教えられてきます。よって、借金に対してはあまりよいイメージを持っていない人も世の中には多いです。

しかしながら、起業家や事業主となる場合、借金が合ったほうが良いという傾向があります。何も知らない一般人にとっては億単位を超える借金は巨額負債としてのイメージが有りますが、起業家や事業主の間では当たり前のことであり、むしろ借金が合ったほうが良いということさえ一般化されているのです。このような現状を前提として把握した上で、税金滞納が続いている事業者の借入について考えていくことにしましょう。税金というのは、社会人の全てに課せられる国民の義務であります。

国庫は国民の是金によって潤っており、国家運営には欠かせません。中小企業は日本の企業の8割以上をしめ、国家の経済の重要な要素となっています。しかしながら、中小企業の多くが税金を滞納しているといった状況にあります。新しく起業した場合は様々な優遇措置を受けられる制度が充実していますが、中でも中小企業に対しては国も金融機関も大目に見ているところがあるのです。そのため、納税が滞っている部分があっても、銀行から融資を受けられることも珍しいことではありません。

融資を受けられるのは銀行ではなく、この場合には信用組合になります。ただ、滞納にも限度があり、審査の結果向こう一年以内に納税が可能である場合において融資が認められるケースが圧倒的多数です。納税の遅滞があるのに借入を申し込む場合は、納税計画書を提出することを求められます。分割で納税することが一般的ですが、その計画が向こう一年以内に実行可能である場合には融資できる可能性が高くなります。納税の遅滞があっても税務署や社会保険事務所の力を借りて計画書を提出し、それにとって納めることが出来る場合においては納税の遅滞はそれほど借入に影響を及ぼさないのです。